防犯用監視カメラの選び方

効果的な防犯用監視カメラの選び方について考えてみます。防犯用の監視カメラには様々なタイプがあります。当然ですが、目的や設置環境にマッチした製品を選択することが重要です。主に屋外に設置するケースが多いと思いますが、暗くなってからでも監視する必要がある場合は、暗視機能や高感度タイプの防犯カメラが必要です。雨などに濡れる場所であれば、防水機能が必要です

防犯システムを効果的に管理する機能として、動作検知機能があります。この機能を搭載した録画機は、映像内に動きがあれば録画機が反応し、高画質録画を行います。動きの無い部分は録画する必要がないため、録画データの容量を圧縮することができます。夜間の監視には暗視カメラを利用します。高感度タイプと赤外線タイプの2通りがあります。夜間の利用で、人物の特定が必要であれば、赤外線照射タイプが有効です。

夜間の監視には赤外線照射器や暗視カメラを搭載した防犯カメラが使われていますが、一般の防犯カメラの撮るエリアを照らすセンサーライトを設置する場合があります。赤外線センサーの反応距離と撮影範囲によりますが、防犯カメラの撮影範囲が5m前後であれば有効です。

防犯としてのご利用するため、有線タイプの防犯カメラを使用します。無線タイプは有線タイプと比べると若干不安定になるため、安定した稼働が必要になるため、防犯用としては適していません。どうしても設置できない場合でなければ、なるべく有線タイプの監視カメラを使用します。